無敵囲い事件第1話「依頼は突然に」

2月21日 金曜日

「相談があるんです!」

 高校の正門を出た瀬川歩は、突然一人の少女に声を掛けられた。

 その時、歩は帰りに本屋に寄って、お気に入りの漫画の一つである、「将棋マン!」の新巻を買おうと、要するに至って平凡なことを考えていた。

 虚を突かれたにもかかわらず、歩は慌てず、冷静に少女に対応する。

「突然だね。僕に相談ってもしかして恋愛相談かな?」

「えっ! いやあのその……」

 少女は赤面して、動揺する。

「冗談だって、そんなに真に受けないで」

「は、はい」

 歩が緊張をほぐそうとしていった冗談が余計に彼女の緊張を与えてしまったようだ。

 突然話し掛けられたので、とっさにタメ口を使ってしまったが、制服からして相手は他校の生徒のようだ。顔つきからして、たぶん自分と同じか年下の可能性が高い。

 タメ口でも問題はないと歩は判断した。

「それにしても、どうして僕なの? 僕なんて、どこにでもいる将棋好きの学生だよ」

「あの! 私、三ヶ月前の、清海高校の校内新聞を読んだんです!」

「ああ、あれか……」

 歩の脳裏には彼女が読んだであろう校内新聞の記事が過ぎった。

 三ヶ月前に清海高校で起こったCD窃盗事件。

 事件の真相を見抜いた葉月珠姫を始め、将棋探究部の面々としては、犯人が盗んだCDさえ被害者に返還すれば表沙汰にする気はなかった。

 しかし、事件の動機・犯行方法が謎に包まれていたため、事件が起きた日の三日後には校内新聞に、事件の詳細が張り出され、全校生徒の間で瞬く間に話題になったのである。

 校内中に窃盗事件があったことが知れ渡り、保護者からは、警察に通報して捜査してもらうべきだとの意見が多く寄せられた。

 実際、再び窃盗事件が起きるのではないかと危惧していた生徒も多かった。そこで、教師陣としては何らかの措置をとることが余儀なくされ、急遽、校長や教頭を含めた対策会議が開催されたのである。

 生徒会長である珠姫も高校の一大事ということで、対策会議への出席を求められた。

 珠姫は会議に参加する前に、事件の真相を唯一知っている将棋探究部で話し合い、学校が警察へ通報する前に事件の真相を明らかにすることに決定した。

 そうはいっても、彼らは犯人が深く反省している以上、敢えて警察に突き出すようなことはしたくなかった。そこで、犯人を明らかにせずに事件を静めるため、彼らは一計を講じることにした。

 まず、珠姫は職員会議で、事件の真相を校長先生や教頭先生を始め、多くの先生に語った。犯人の名前を除き、動機及び犯行方法を明らかにし、窃盗事件が続発する可能性が皆無あることを丁寧に伝えた。

 通常であれば一生徒の意見が職員会議で採用されることは皆無だろう。しかし、全国模試では常に上位を取り、生徒から絶大な信頼を獲得している、稀代の生徒会長である葉月珠姫の意見であれば別である。

 会議の前に大部分の先生に根回しを行い、自分の意見に賛成してくれるように説得して回ったことも功を奏した。

 さらに、珠姫は校内新聞を通じて、犯人の名前以外の事件の真相を明らかにし、犯人が深く反省していることを伝え、生徒及び保護者の不安を払拭することを提案すれば、校長といえども珠姫の意見を飲まざるを得なかった。学校側としても警察沙汰にしたくはないという事情も珠姫の提案が受け入れられた理由の一つである。

 事件の真相が掲載された校内新聞は、不可能犯罪を演出したトリックが事件に無関係な人の興味をそそり、大きな反響を呼び、校外の学生にも広く読まれることになった。

 さらに、当該記事には、事件の真相を見抜いた、将棋探究部の5人の写真が掲載された。珠姫や桂を始めとして、学内で人気の高い面々が揃っていたことも、当該記事の普及の一因ともなった。犯人に自らの推理を突きつけたのは珠姫だが、新聞には、あくまでも将棋探究部の面々が共同で推理して、犯人のトリックを見破ったと報道された。

 その結果、将棋探究部はCD窃盗事件を解決した名探偵集団として学内、学外に広く顔を知られるようになったのである。

 以上の経緯があり、せっかく自分達の噂を聞きつけて他校からやってきてくれた彼女を邪険に扱うことはできず、歩は正門を少し離れた道路の脇で話を続けた。

「それで、どんな相談なの? 君の相談に乗るかはまだ決めてないけど、相談内容の端緒だけでも、教えてもらえるかな?」

「実は……」

 彼女は一瞬、歩から目を逸らしたが、勇気を振り絞ったかのように、歩の目を強く見て、はっきりと言った。

「瀬川さんに殺人事件を解決してほしいんです!」

「へっ?」

 あっけに取られたとはまさにこのことであろう。歩はもっと平凡な内容を予想していた。何が平凡かわからないが、ひったくり事件やストーカー事件などを想像していた。

 それがまさか殺人事件とは……。

「うーん、そういうのは警察に言ったほうがいいんじゃないのかな?」

 歩は、誰もが言うであろう発言を、代弁する気持ちで言った。

「殺人事件といっても、最近ネットで知り合った友達から聞いた事件なんです。その友達は高校生なんですけど、どうやら一週間前に自分の高校で起きた事件らしくって。――その高校の生徒が一人、誰かに殺されたらしいんです」

「でも、最近そんな報道は聞いてないなあ。高校で起きた殺人事件ともなると、マスコミが大々的に報道すると思うけど」

「それが……、事件が高校の内部で発生したので、生徒への影響に配慮して、マスコミに報道規制がかけられているらしく、まだテレビや新聞で流されていないんですよ」

「そうなんだ。報道はされていないけど、もちろん警察は捜査をしているんでしょ?」

「はい。ただ、警察の捜査がうまくいっていないみたいで……。友達は次も殺される生徒が出てくるかと思うと、不安で夜も眠れないらしいんです。そこで名探偵集団と言われた将棋探究部に所属する瀬川さんのお力を借りたいんです」

「名探偵ね……」

 歩は見込み違いも甚だしいと内心で思っていた。あの事件は解決への手掛かりが揃っていたから、たまたま解決できたに過ぎない。桂のCDが部室で発見されなければ、未解決のままだっただろう。それに自分達が被害者として含まれていなければ、事件の推理すら行わなかったはずである。

 そんな自分たちを名探偵と呼ぶのは見当違いだ。名探偵とは、警察でも解決できない難事件を、断片的な情報を幾つか手に入れただけで魔法のように、電光石火の如く、解決へ導く人物である。まるで、シャーロク・ホームズやエルキュール・ポアロのように。

 その意味では、巻き込まれた事件を偶然に一件解決できたに過ぎない自分達は、名探偵に程遠い。将棋探究部が名探偵集団というのは、校内新聞が創り上げた虚像に過ぎない。歩はそう思っていた。

「君の力にはなってあげたい。もし僕が推理小説に出てくる名探偵なら、君の友達の悩みをあっという間に晴らしてあげることだろう。だけど、実際には僕らは単なる将棋好きな集団に過ぎない。君の頼みを聞くことはできないよ」

「そんな……」

 自分達はあくまでも将棋探究部という部活のメンバーであって、探偵部なんてものではない。将棋の謎を探究することはやっても、事件の謎を探究することはどう考えても部活の内容からかけ離れている。

 学園の中には彼ら5人が将棋を指している光景を滅多に見ないこと、不可解な事件を解決したことから、皮肉と敬意を込めて、将棋探偵部と呼ぶ生徒も増えているが、歩としては納得していない。

 彼に言わせれば将棋もしっかり指している。ただ、以前クラスメイトに「将棋に関する活動は何かしてるの?」と言われたときには、「週末に部長の家に行って、朝から晩まで将棋を指している」と言い返したが、「それ部活動じゃなくね?」と逆に見事な返し技を極められて、何も言い返せなかったが……。

 確かに平日は部活としてほとんど将棋を指していないのは事実である。

「どうしてですか? 私、感動したんです! あんな複雑なトリックを鮮やかに解決するなんて……」

「あれはたまたまだよ。それに自分と無関係な事件にでしゃばるほど、僕らは暇じゃない。暇そうに見えても、僕は結構忙しいんだ」

 歩は彼女を冷たく突き放そうとしたが、この一言により、逆に、今まで暗澹としていた少女の表情が一変する。まるで勝てないと思っていた戦いに、一縷の光が射すように。

「それなら……、私が話す事件に将棋が絡んでいるとなればどうですか?」

「なんだって!」

 歩は一瞬大きく反応したが、冷静に気を取り直していった。

「だって君の相談は殺人事件だろ。どうして将棋が関係しているんだい?」

「それは……」

 少女の次の一言に歩は驚愕する。

「死体となって発見された被害者の生徒の口の中に、大量の将棋の駒が詰め込まれていたんです」

「えっ!」

 少女の予想通り、歩は将棋と聞いて一気に事件への興味が沸いた。

 歩が将棋にこだわるには理由がある。それは歩がかつて奨励会という、将棋のプロ棋士の養成所に通っていたからである。

 かつて歩はプロの棋士を目指していた。しかし、とある事情により自ら奨励会の退会を余儀なくされた。奨励会を辞め、プロの棋士をあきらめたとはいえ、歩は将棋そのものを愛していた。将棋の修練は怠らず、日々、プロ棋士の対局を分析し、将棋の戦術を研究していた。ゆえに、将棋に関する事柄はあらゆることを知りたいという渇望が歩の根幹に存在した。

 そんな歩が将棋自体とは無関係であるが、事件に将棋の駒が関与しているならば、興味を持たないわけがなかった。

 殺人事件の被害者の口の中に将棋の駒が詰め込まれていた? いったいどういう状況なんだ? 動機は? 死因は? 将棋の駒が詰め込まれていた理由は?

 思い付く限りの疑問が歩の体中を駆け巡った。

「――わかった。相談に乗ろう。事件のこと、詳しく教えてもらっていい?」

「はい。といっても、こんな道端ではゆっくりお話することはできないので、明日お暇でしたら喫茶店とかでお話ししませんか?」

「わかった、いいよ。ただ……」

 歩は、あくまでも自分は興味本位で少女の話を聞くのであり、事件の解決を期待しないでほしい旨を伝えた。

「わかっています。私は瀬川さんに……」

 そう少女が言い掛けたところで、思いも寄らない人物が二人の会話に乱入した。

「その会話、ちょっと待ったああああぁぁ!」

 二人の間にいきなり割って入ってきたのは、歩が通う清海高校の生徒会長にして、将棋探究部の部長、さらに歩の幼馴染といった複数の肩書きを持つ女性、葉月珠姫だった。

「うわっ、びっくりした! たまちゃん、いつから聞いてたの?」

「歩が『将棋マン!』の新巻を買おうと心の中で思っていた時からよ」

「なんで人の心を読んでるのさ……。せめて、彼女が僕に話し掛けるときからって言って欲しかったな……」

「そんなことはどうでもいいのよ! ちょっとあなた!」

「は、はい!」

 いきなり登場した上級生らしい女性に、少女は戸惑っている。

「なに歩を勝手に厄介ごとに巻き込もうとしているのよ! 私の見ていないところで歩にちょっかい出すのはやめてちょうだい!」

「いや思い切り見てたけどね。しかも結構前から僕の跡をつけているんじゃ……」

「歩は黙ってて! あなた名前は?」

「鈴原弥生です」

 鈴原と名乗った少女は珠姫の質問にただ答えるしかなかった。質問に答えなければ今にも噛み千切られそうな雰囲気である。そう言えば、まだ彼女の名前すら聞いていなかったな、と歩は思った。

「そう。私は清海高校二年の葉月珠姫。よろしく」

 自分の自己紹介を簡潔に終わらせ、珠姫は鈴原に矢継ぎ早に質問を浴びせた。

「鈴原さん、その制服を見ると東寺高校(ひがしでら)の生徒のようだけど、学年は?」

「一年です……」

 東寺高校とは私立の高校で、歩達の通う清海高校とは電車で三駅ぐらい離れたところにある。生徒会長として、様々な高校と交流を持っている珠姫は、当然他校の制服についても熟知している。

「東寺高校一年の鈴原弥生さんね。オッケー、覚えたわ。来週から平穏な高校生活を過ごせるとは思わないことね! 私は清海高校の生徒会長もしているし、結構顔が広いのよ。私を怒らせたらあなたの存在なんて、まるでたんぽぽの綿毛のように吹き飛ばしてしまうわ!」

「ひっ!」

 鈴原は完全に怯えている。蛇に睨まれた蛙とはまさにこのことである。

 それはそうだろう。いきなり違う高校の上級生に「お前の高校生活終わらすぞ!」的なことを言われて、平常心を維持できる下級生はまずいない。

「落ち着いて、たまちゃん。鈴原さんは別に厄介な相談事を持ってきたわけじゃないんだよ」

「そうなの?」

「そうだよね、鈴原さん」

「は、はい! 友達の高校で起きた事件に関して、瀬川さんの意見を聞かせてもらうだけでいいんです」

 歩に伝えたときよりもニュアンスが柔らかくなってはいるが……。

「歩をどこにも連れて行ったりしない? 殺人事件の現場とかいやらしいホテルとか?」

「し、しません! するとしても両方とも、もっと段階を踏んでからします!」

「いやらしいホテルはともかく、殺人事件の現場とか段階踏まれても嫌なんだけど……」

「いやらしいホテルもでしょうが! 歩にはまだ早すぎるわ。そういうことは高校を卒業してから、私が手取り足取り教えてあげるから我慢しなさい」

「えっ! たまちゃん何を言って……」

 歩が顔を真っ赤にして聞き返そうとしたが、珠姫は歩の言葉を遮り、鈴原に話を続けた。

「今はその話は置いときなさい! とにかく話を戻すわよ。鈴原さんは歩に知り合いが関わっている事件を相談して、意見を聞きたいだけということでいいのかしら?」

「は、はい! そうです! 遠くに連れて行ったりも、いやらしいこともしません!」

「ならいいわ」

「よかった……」

 歩が事件に興味を持った時よりも鈴原はホッとしている。よほど珠姫が恐かったのだろう。

「それで、明日でいいんだっけ?」

 改めて、歩が鈴原に相談に乗る日程を訊く。

「はい。明日のお昼とかはいかがですか?」

「いいよ。明日は特に予定ないし、じゃあ午後1時でいいかな? 場所は高台(たかだい)駅の近くに行きつけの喫茶店があるからそこでいい? 小さな店だけど、あまりお客さんがいなくて静かなところだから、こういう話をするにはちょうどいい場所だと思うんだ」

 高台駅というのは歩達が通う清海高校の最寄り駅の名前である。

「わかりました。それでは高台駅の改札前で待ち合わせしましょう」

 待ち合わせの場所と時間が確定したところで、鈴原が恥ずかしさからか、顔をほんのり赤らめながら言った。

「せ、瀬川さん! よかったら携帯の連絡先、教えてもらえませんか? もし遅刻する場合とかに、連絡したほうがいいと思いますし!」

「ああ、いい……」

「ごめんね、歩は携帯持ってないのよ。代わりに香助の連絡先教えてあげるから、それで我慢してね」

「だ、誰ですかそれ!」

「歩と同じクラスの体格がやたらいい、ちょっと頭の悪い子よ。今なら桂も付けるけどどう?」

「い、いりませんよ……。そんな知らない人のアドレスばかりもらってどうするんですか……」

「ちょっとたまちゃん。アドレスくらい教えてもいいけど」

 それにどうして彼女が知らないであろう名前ばっかり出すのか。

「だめよ、歩」

「なんで?」

「女の勘よ。この女にアドレスを教えると多分ろくなことがないわ」

「初対面でさっきからひどい言いようですね……」

 先程から続く一連の珠姫の嫌がらせとも言える、口撃に慣れたのか、鈴原も恐怖を通り越して、さすがにむっと来るものがあるようだ。

「ごめんね、たまちゃん、初対面の人を傷つける癖があって」

「どんな癖ですかそれ……。人として致命的じゃないですか」

「誰が人として致命的な欠陥を抱えているですって!」

「ひっ、ごめんなさい!」

 といっても、やはり恐いので反射的に謝ってしまう。

「まあまあ、たまちゃん。じゃあアドレス交換しようか」

 歩と鈴原さんは赤外線で携帯のアドレスを交換した。ちなみにその時珠姫が「赤外線泥棒参上!」と言って何度も妨害したが。

 どうも、この生徒会長は普段は冷静沈着であるが、幼馴染の歩が絡んだ途端、17歳という、歳相応の子供っぽい部分が姿を現すようだ。

「それじゃあ、明日よろしくね」

「こちらこそよろしくお願いします!」

 そう言って鈴原は歩に背を向け、

「それでは失礼します!」

 二人の前から駆け足で去っていった。

「むー」

「どうしたの、たまちゃん。さっきから不機嫌だけど」

「なんでもないわよ。ただ……」

「ただ?」

「もういい! さっさと帰るわよ!」

「りょーかい」

「それにしても、たまちゃん。もしかして正門の側で僕のこと待ってた?」

「ま、まあね。玄関で正門に向かって歩いている歩を見かけたから、こっそり追い抜いて、正門出たところで待ってたのよ。ちょうど、鈴原さんが歩を待っていた方と反対方向でね」

 どうやら珠姫は歩と鈴原が出会う一分前ぐらいに正門を出て、鈴原とは反対側で歩を驚かせようと思って、待機していたらしい。しかし、先に鈴原が歩に話し掛けたため、少し様子を見た後、二人の間に割って入ったとのことである。

「一緒に帰るなら呼び止めてくれればよかったのに」

「突然声を掛けて驚かそうと思ったのよ。そしたら、私が歩の背中から声を掛ける前に、あの子が歩に話し掛けたのよ。私が正門を出て、鈴原さんの姿は目に入ったんだけど、まさか歩を待っていたとはね。誰かを待っている様子だったのに、私としたことが迂闊だったわ……。あの子を見た時に追い払っておけばよかったわ」

「まあまあ。とにかく、今日は帰ろうよ」

 こうして歩と珠姫は帰路についた。 

第2話「いつでも2人で1セット」に続く

ABOUTこの記事をかいた人

本サイトの管理人。普段は人材会社でWebマーケターとして勤務。本サイトは私が趣味で書いている小説を掲載したものです。