超ショートコメディ vol.5「桂、歩の話を聞く」

歩、退屈だな……
そうだね、桂……
何か、面白い話してくれ
おっ、王道的なムチャぶりが来たね。じゃあ、この前僕が家でゲームをしていたら、テレビ画面に入り込んで、宇宙人と戦った話を――
待て、その話、長くなるか? 明らかに作り物じゃないか……
かなり長いね。90分くらいかな
ダイジェスト版で頼む
オッケー。太陽が照り付ける真夏のある日、僕は家に閉じこもってひたすらゲームをしていたんだ。僕がプレイしていたいのは、前日に発売したトインビーというシューティングゲーム。突如地球に現れた宇宙人を地球防衛軍の一員として倒しに行くことになったんだ
ちょっと待て、お前が入ったのはシューティングゲームか?
うん、ストーリー性は皆無で、ひたすら敵の弾を避けていたよ……
そこは普通ロールプレイングゲームだろ……。シューティングゲームか、最も入り込みたくなゲームだな……

ABOUTこの記事をかいた人

本サイトの管理人。普段は人材会社でWebマーケターとして勤務。本サイトは私が趣味で書いている小説を掲載したものです。