超ショートコメディ vol.3「桂、珠姫に新戦法を披露する」

部長、新しい将棋の陣形を考えたんだが、見てくれるか?
珠姫
あんたにしては真面目ね。いいわ、見てあげるわ
いくぜ、これが俺の新しい陣形だ
珠姫
こ、これはっ! 桂が無造作に盤上に駒を散らし始めた! 将棋の定跡を覆すこの陣形はいったい……
まだだぜ、部長。驚くのはここからだぜ!

(桂、部屋の電気を消す)

珠姫
これは……、一つ一つの駒が眩い輝きを放っている……
ああ、駒に蛍光塗料を塗っておいたんだ。これが俺の新陣形『スターダストプラネット』だ!
珠姫
きれい、まるで星空のよう……
幻想的だろ?
珠姫
ええ……。だけどあんた、明日から部活来なくていいわよ……
ダメだったか……

ABOUTこの記事をかいた人

本サイトの管理人。普段は人材会社でWebマーケターとして勤務。本サイトは私が趣味で書いている小説を掲載したものです。