超ショートコメディ vol.22「桂のクイズ2」

例えば、お前はいま、サッカーの試合をしている
なるほど、熱い展開だね
香助
またこの話か……
僕のポジションは……? フォワード、ディフェンダー、ミッドフィルダー、どれも無難にこなす自身があるよ
お前のポジションは……線審だ
えっ、線審!?
香助
お前なかなか選手になれないな……
聞け、お前はただの線審ではない。超攻撃的FW的線審
すごい線審だね……何が違うの……?
お前はなんと……自分で好きなところに線を引ける!
勝手に線引いちゃだめでしょ……
香助
線審にしては権限強過ぎる……主審は何ができるんだよ……
もちろん、お前にもチームメイトがいる
なるほどね。実際の試合では主審が1人、副審が2人、第4の審判が1人だもんね。僕のチームは何人?
11人だ
プレイヤーと同じ人数!? 他の線審は何をしているの……?
クロスワードパズルだ。お前以外の線審はひたすらクロスワードパズルを解いている
香助
何という線審の無駄遣い……。11人もいらねえじゃねえか
もちろん相手線審チームもある
フィールドの中に44人!?
香助
観客は誰を見ればいいんだ……
ここからが本題だ。もしここで、線審が全員好き勝手に線を引き始めたら何が起きると思う?
圧巻の光景だね。そうなったら……リアルクロスワードパズル開催だね! 線審がクロスワードの枠を作り、主審がクイズを考え、選手がそれを解く。観客はたまにヒントを出す
香助
もはや誰もサッカーしてない!
桂、正解は……?
ーー正解だあああ!
やった! 当たった!
歩、成長したな! それじゃあこれからリアルクロスワードパズルだ! 歩、香助グラウンドに行くぜ!
歩・
香助
イイイイイヤッホーーーーーー
珠姫
将棋しろよ……

ABOUTこの記事をかいた人

本サイトの管理人。普段は人材会社でWebマーケターとして勤務。本サイトは私が趣味で書いている小説を掲載したものです。