登場人物紹介

「将棋探究部の事件簿」に登場するキャラクターの紹介ページです。

瀬川歩
私立清海高校1年生、将棋探究部副部長。人当たりが良いが、気が弱く周りに流されやすい性格。優しく会話をしやすい人柄から様々な人を惹きつける。幼少期より将棋を始め、かつては神童とも呼ばれていた。奨励会で無敗を誇っていたが、プロ棋士に昇格が決まった直後に引退を発表する。
葉月珠姫
将棋探究部唯一の2年生。将棋探究部では部長を務めるも、言うことを全く聞かない香助や桂に頭を抱えている。清海高校生徒会長も務め、容姿端麗、頭脳明晰で高校中の生徒から信頼を集める。歩とは幼なじみで、二人で将棋のプロ棋士を目指していたが、ある事件をきっかけに将棋を辞めてしまう。
土橋香助
私立清海高校1年生、将棋探究部では特攻隊長(自称)という謎の役職に付いている。大きな体やふてぶてしい態度から昔は不良に絡まれることが多かったが、喧嘩では無敗を誇り、今では不良から恐れられる存在に。趣味は体を鍛えることだが、運動部に所属していないため、筋肉を持て余している。
桜井桂
私立清海高校1年生。本人の極めて優れた顔立ちから、校内に多数のファンクラブが設立されている。様々な女性と付き合っていたモテ男の彼だが、歩に興味を持ち将棋探究部に入部した。香助同様、将棋には全く興味が無いため、将棋の駒を使った新しい遊びを日々提案しては珠姫に却下されている。
中村銀子
私立清海高校1年生。入学式で歩に一目惚れし、歩に誘われるまま将棋探究部に入部した。趣味は歩の写真を撮ること。写真を撮り続けるうちにみるみる腕前が上達し、その腕は写真部からスカウトされるほど。父親が新聞記者の影響で様々な物の記録を取る癖がある。